中卒童貞孤独ニートのブログ

中卒童貞のニートの生き恥じである。嫌われ続けて頭おかしくなってしまった。

更新しない間、短期バイトをしていた。

 

社会復帰を考えると延長線上には労働しかないので、重すぎる腰を上げてようやく応募した。

 

詳しくは書かないが、食品関係の工場のバイトで誰でもできるような単純作業。

1度に複数の工程をこなさないといけないため、何度もテンパり、なぜか同じバイトからダメ出しを食らうという始末。

 

学生バイトはズケズケとなんで、バイトしてるのとか働いてないのかだのタメ口で、舐めきった口調で聞いてきてイライラした。

 

社会人ならまだしも、親の金で大学行ってセックスしてるような大義名分ニートになんでそんなことを言われなあかんのか訳が分からなかった。

 

事実、周囲と比べて動きが悪く、ガキの駄目だしと自分のアスペ加減にむしゃくしゃしながら、5日過ごした。

 

改めて感じたのは、自分が思っている以上に人が無理だったという事だ。

 

笑い声や強い口調に涙が出そうになることもあった。ストレス耐性が零なので、毎日バイトに行きたくないと直前まで布団から出ず、ぎりぎりでトイレに駆け込み下痢をして、いやいや電車に揺られるという地獄の様な数日であった。

 

金は親に渡したので数日分の俺の生活費になるであろう。

 

無理だ。無理としか言いようがない。何とかなるような人だけ働いてくれ、俺に労働は無理だ。辛すぎる。

 

毎日労働するのは地獄だと分かったような口をきいていたが、そんなものでは無かった。たかがバイトでここまでダメージを受けるとは思わなかった。

 

弱すぎる。そしてそれを改善しようとする気が微塵もない。ストレス耐性を無理に上げてまで社会に適応したくない。

 

甘えでもなんでもいいから働くのは二度とごめんだ。最悪バイトでもすればと思っていたが俺には無理だった。

 

塵過ぎた。人より劣っていてニートになったのに人の当り前をできると思うのは慢心だった。

 

すいませんでした人間様。産まれてきてごめんなさい。

 

 

 

 

 

軽い

何で生きているか謎で仕方がない

 

凄い勢いで時間が過ぎていき、常時ヘイスト状態

 

何かしなければとか、頑張らないととか、心のどっかで思っとるんやろうけど、結局なーんもしてないね

 

努力という観念が俺の人生からは抜けきっている

 

進学のために勉強したり、モテるためにファッションや異性との交流を増やしたり、周囲がそんなことをやっていた時期、俺は耐えることに必死だった

 

イジメで培った忍耐なんぞ何の役にもたたず、また同じ苦しみを味わいたくないと人を避け逃げ続けたざまがコレである

 

死ぬのが怖いから、苦しいから、痛いから、死んでいないだけ、正直明日が寿命でもまあいいかとは思う

 

人から指図されるのが嫌いだから、ニートや社会的弱者の死に体発言に対し「じゃあ死ねよ」と平気で罵る連中の言いなりにはならない

 

この生活に順応してきてしまって、何とかしたところで恋人ができたり、才能が開花したりする保証が無いのなら頑張る気が起きない

 

何というか、自分に執着が無くなってきて、人生がどうでもいいというか、人間が当然のごとく行っている努力とかする気になれない

 

自分のために頑張れないから、他人のためにと思って行動してきたが、結局利用されてるだけだったので何もしたくないし、よく分からない

 

しょーもない、塵みたいな重みのない人生だから、無駄としか思えない

 

しかし、社会的立場からくる重圧が無いから楽ではあるな

 

ある意味幸せか

日記xc-3

昼過ぎ起床。

 

チャットサイトで自称おっさんと約1時間、駄弁駄弁。

 

イケイケ君より話しやすかったのでついつい長丁場のやり取りになった。

 

録画した、ウルヴァリンSAMURAIを途中まで視聴し、外出。

 

適当にサイクリングをし帰宅。

 

ネットではAKBの総選挙中に結婚発表をしたと話題になっており、興味が無いものの、古参メンバーのひきつった表情などは中々に乙だった。

 

中身がスカスカな毎日なので特に書くこともないが、記録として残しておこうと思う。

 

 

 

つぶやきさぶろー

もしかしたら彼女できるんじゃとか、幸せになれるんじゃとか思ってっから辛いんだよね。

 

もう十分生きただろ。はやく解放してくれ。

寂しくて鬱になる

すれ違う時明らかに避けようとするどころか、わざとぶつかってくる奴いるよな。

 

こっちが反応したら逆切れすんのよ。お子様ランチでも食ってんのかな。

 

とんだ自己中野郎だが珍しくもなんともなく、一定数いるから不快でしょうがない。

 

今日、パピコの期間限定大人のイチゴ味を食し、思いのほか上手かったのでメモ。

 

毎日寂しい。

 

良い年したキモ男が布団にくるまってメソメソしてる様は客観視すれば笑えるが、当事者である。

 

彼女が欲しくて欲しくて発狂しそうになる。

 

男に産まれたのが運のつき、世間では“当たり前”の俺にとってベリーハードな能力を求められ、男だからひどい扱いをしてもいいと言わんばかりに塵みたいに見下される。

 

コンビニの女店員とかで会釈では無く言葉で返そうと試みるも、よほどコンプなのか過呼吸になりそうになる。

 

頑張って、バイトの電話をかけたが、ド緊張でカミカミ、面接する前に折り返しの電話で拒否られてしまった。

 

むしろ落ちてしまえと思っていたから安心してしまった。

彼女というかとりあえず、女友達、軽く会話する程度でもいいから欲しい。

 

厄介なことに俺は女と真面に会話できないので緊張しない方法を探したい。

 

普通に会話できれば自信にもなると思うし、楽しいと思う。

 

気持ち悪さを自覚してるから、女が怖い。

 

誰かに愛されたいし、誰かに必要とされたい。

 

彼女ができれば多少無理しても働くと思う。

 

 

 

日記u

全然起きれない。

 

気が付いたら午後、最近はネット依存気味でyoutubeまとめサイトをループして、エロ広告が何度も目に留まるうちにムラムラしてオナニー。

 

有意義なことをしなきゃって頭の片隅にはあるのだけれど、慢性的な怠惰生活にどっぷり浸かってしまっているから難しいね。

 

遅い時間に重い腰を上げて映画を見に行ったのだが、非常に込み合っており、学生に囲まれる形になった。

 

アメコミ映画のローガンつうやつを鑑賞したのだけれど、カップルもちらほら。無論俺より若い。うむ。羨ましい。

 

映画自体は爽快では無くてねちっこい残虐なアクションで非常にゲンナリしてしまった。

 

Xメンとかいうシリーズの最終章的位置づけらしいけどシリーズ見とらんから超能力物なのかヨクワカランかった。

 

とにかく痛ましいから映画終わった後は疲労困憊で家に直帰。

 

オナニーと映画のダブルパンチでくそダルイ。

 

もっとスカッとする映画が見たかった。

 

 

日記f

昼過ぎに起きてだらだらネットサーフィンをしていた。

 

有名なサッカー選手がtwitterで自殺者過去最多の記事に対し「他人のせいにするな!政治のせいにするな!!生きてることに感謝し、両親に感謝しないといけない。今やってることが嫌ならやめればいいから。成功に囚われるな!成長に囚われろ!!」と言って炎上した記事を見つけた。

 

すべて自分の責任であるという感情を植え付けかねないツイートは自己批判やそれこそ自殺の一端を担いでしまうのではないか。発言力のある人間だけにかなり危険で視野狭窄、成功者ゆえの驕ったツイートだなあと思った。

 

一番思ったのはいちいち言わなくてもいいんじゃないという事。

なんでかしらんが、自分ができるから他人もできるはずだと思い込んでしまう人間が後を絶たず、自分が持っていない要因は結果と結びつかないとでも思っているのであろうか。

ニート批判にしても別に被害が無いのだから、いちいち批判してくることは無いと思うのだが、そこを我慢できないのはいささか子供っぽいとお子ちゃまな俺ですら感じざるを得ない。

 

ブログを続けているとそれこそ否定的なコメントも定期的にいただく。

 

気に入らない物は否定したくなるいじめっ子の心理は被害者なのでよく知っているつもりだが、自己紹介にも書いたようにニート批判をブログ内で展開する無意味さはよく理解してもらいたい。

 

こういったコメントは書いても返信しないので悪しからず。アドバイスなのか、批判なのか分からんようなコメントには一応返信をしているが、上から目線で語られると良い気分ではない。

 

一番多いのは風俗に行けというコメント。

 

経験者のアドバイスであろうし、童貞で悩むと言ったらその選択肢が浮かぶのは自然な事であろうと思う。

 

しかし、俺は金を払ってセックスをしたいなんて一度も言っていないし、性差を利用したビジネス体系には常々疑問を感じている。

 

よーするに「あなたとだったらセックスしてもいいよ」という性的許容とそれに伴う精神的な安息が無ければ孤独感の解消には至らないように思う。

 

搾取されるのはご免である。単にセックスがしたいとなれば的確な意見だとは思うが、俺が言ってるのは交際してセックスする、一連の流れを“童貞”と言っているつもりだ。

 

他人のせいにするな!とサッカーも言っているが、他人のせいで引き起こされた精神的ないし、肉体的な損失は自分が背負わなければならないなんてそんなおかしな話があるのであろうか。

 

生じるはずの債務が、行き場をなくし、自分に降りかかってきているのだ。そりゃあ加害者を恨みたくもなるし、人のせいにもしたくなるはずだ。

 

文章を書いたらつかれてしまった。

 

このあたりにしときたいと思う。