中卒童貞孤独ニートのブログ

中卒童貞のニートの生き恥じである。嫌われ続けて頭おかしくなってしまった。

自殺した人のブログを観た

9月に自殺配信をした人が残したブログを観た。

 

俺は自殺後の音声のみの動画も観たし、自殺後に公開した遺書代わりの文章も読んだので、これを1コンテンツとして消費している人間のことを偉そうに叩くことはできないが、俺が自殺者の死を冒涜したり、遊び半分で消化しようとする意は全くない事だけ伝わると嬉しい。

 

家庭環境の悪化や兄弟の死など、複雑な人生だったようだ。

 

初めての自慰行為やそれに使ったおかずまで鮮明に記しており似たようなことを書いている身としてはひどく共感を覚えた。

 

親兄弟との1個1個のやりとりが“死んだ”という事実からひどく悲痛なものに思え、ぐちゃぐちゃした。

 

自分の将来を観ているようで怖いのか悲しいのかよくわからん。親が泣くのも辛いし、その親に原因があると言っているのもまた辛い。

 

首つって死ぬという事を唯一の希望にしていたが恐ろしい。怖い。

 

ツイッターもできるだけ読んだ。

 

ネットですら何のかかわりも無かったが他人事とは思えない。

 

人が死んで辛い。

 

幸せな人間がこの死を消費しているんかと思うとムカムカする。

 

俺も同じ道を辿るのだろう。せめて親が死んだあと死のうと思う。