読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒童貞孤独ニートのブログ

中卒童貞のニートの生き恥じである。嫌われ続けて頭おかしくなってしまった。

中卒童貞ニート

風邪をひいてしまって喉が痛い。

 

親が死んだあとが怖すぎる。俺が熱を出そうがいくら辛いことがあろうが、誰一人として心配してくれない未来が事実と言わんばかりか待ち構えている。

 

俺は女とまともに会話することができない。

 

電車で隣に座られてだけで呼吸ができなくなり席を立ってしまう。冗談でもなんでもなく本気で空気が吸えない。

 

無駄に意識しすぎな気もするが。セックスがしたい嫌われたくないという思いが強すぎて過敏に反応してしまう。

 

言わずもがなだが、もう一生彼女ができないんだなあというのは感じている。

 

ただいつまでたっても諦めきれず、あきらめたふりをしても街行くカップルや可愛い女性をみるとキリキリする。

 

本当にスペ不足すぎるというか、ただでさえ何の能力もないのに中卒と無職が加わり何もする気にならない。

 

よくなぜ働かないのかニートに聞く人間がいるが、俺が思うに1番多いのはどんづまり感だと思う。

 

俺自身、中卒が高卒になり無職がバイトになっても、自分が駄目な奴という思いは全く変わるとは思わない。

 

どん底に落ちた人間にとってバイト1つ始めるのがどれほど大変な事か分からないだろうが、その努力をしても自分が幸せになれず、むしろできない事に対する無力感が襲うのは目に見えている。

 

説教して更生させようとする彼奴らは一歩踏み出せない奴らが見ている地雷が目視できないのだ。

 

そこに飛び込んだらさらに深い自己否定に陥ると気づいているのに、それが希望だと言わんばかり社会復帰を促そうとする。

 

社会の枠組みにとらわれることで自分が底辺だと認識してしまうのが怖いのだ。不可侵のユートピアが脅かされ外界に放り出されたときニートの地獄は始まるのだろうが、先延ばしにするかの違いであって今動いても地獄なのである。

 

相当の努力を強いないと底辺だという思いから脱却はできないし、それができるならそもそもニートになっとらんわという話だ。

 

女は多少ブスでも男の方から寄ってくるし、食い逸れることもまずないであろう。

 

俺はとにかくセックスがしたくてしようがないが、中卒で持てるヤツといったらヤンキーやチンピラばかり。俺みたいな塵は女と会話すらできない。

 

高卒で人生積んでるというやつを見るとイライラする反面、たぶん自分が高卒でもあまり変わらないような気がしてしまう。

 

毎日毎日馬鹿みたいにオナニーしてただ飯喰らいながらネットをやるという最底辺の生活をし、ネットに鬱憤を書き散らす生活そのものがアイデンティティになってしまい、中卒童貞ニートという称号すら底辺の矜持にすらなっている始末だ。

 

下には下がいるという言葉があるが、経歴的には最底辺だからこそ逆に高卒、大卒を見下している節があるから笑っちゃうよな。

 

オナニーするたびに糞みたいな能天気カップルがセックスしてると思うとイライラするし、虚しくて悲しくてやりきれない。

 

さっさと死にたいが、首つり飛び降り睡眠薬、どれも恐ろしすぎるだろ死ねねえよ。

 

今日もとっても辛かった。ネットを検索しても俺よりマシな奴がウダウダ言っててシコシコムカツクから、底辺って言うならせめて中卒からにしとこうな。その基準から言ったら俺はランク外じゃねえか。

 

あーセックスしたい。イジメさえなければ人格がこんなに歪むことも無かったのに。

 

どうせ他の男とセックスすると思うと辛いからせめて女の子が目に入らないようにしてほしいなあ。

 

シコシコ ピュッピュッ~○  ~○  ~○  塵  塵   塵