読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒童貞孤独ニートのブログ

中卒童貞のニートの生き恥じである。嫌われ続けて頭おかしくなってしまった。

発狂しそうになる毎日

ブログの更新を怠っていたが、元気に回復したわけではなく、むしろその逆、書く気力が起きないくらいメンタルが死んでいた。

 

ニート、ひきこもりが頑張れないメカニズムを主観で分かったような気になってるので記録しておく。

 

俺の場合、ニート生活は底辺ではない。

 

何言ってんだコイツはと思われるかもしれないが、俺が底辺になるのは働き始めてからだと思っている。これからその説明をする。

 

ニートというのは社会人ではないし、そのほとんどがネット以外で外の情報を知ることはない。

 

ちなみに友達や恋人がいるニートの風上にも置けない連中は当然のごとく除外している。

 

ニート=底辺の図式は社会から植えつけられたものに過ぎず、「お仕事なにされてるんですか?」なーんてことは床屋にでもいかない限り聞かれることもない。

 

親がニートを良しとしているなんてこともまずないだろうが、ニートは屑だ言った考えを口にするような親の元であればそもそもニート生活すら許されないであろう。

 

すなわち、ひきこもってニートをしている限り、他者との比較をすることなく、自分がどの立ち位置にいるか麻痺してくるのだ。

 

ネットを見ちゃったら比較しちゃうんじゃないのかと思われるかもしれんが、俺の場合ニートスレばかり見て安心感を得てる始末なので、ネットを見ると比較するというのは必ずしもではないと思う。

 

この比較というのが味噌で、ニート生活の安息が脅かされるの原因でもある。

 

ニートが社会復帰をしようと思った瞬間。今まで麻痺していた感覚が一度に開き、自分がどれほどやばい状況にいるのが叩きつけられる。

 

かくゆう俺も最近頑張ろうと思ったのだが、これが運のつき。メッチャクチャ言葉で表現できんくらいの辛さといら立ち、発狂しそうになり一人で叫びそうになった。

 

よく親が死んだらどうする云々の話があるが、裸で戦場に飛び込むより、親が死んだら必ず空爆を受けるほうがましのように思えてしまうのだが。

 

 

たぶん俺はプライドが高いんだと思う。

 

ニートは案外完璧主義が多いから、底辺ブラックバイトや低賃金ブラック企業に行きたがらないんだと感じる。

 

頑張ろうと思った瞬間ニート生活が5割増くらい辛くなった。ニートも地獄、働けど地獄。もうどうしろっちゅーねん。

 

こんなにつらいならおっさんの恥垢か陰毛にでも生まれたほうがマシだったわ。さっさとお星さまになりたい。