読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒童貞孤独ニートのブログ

中卒童貞のニートの生き恥じである。嫌われ続けて頭おかしくなってしまった。

運動ができないと人生が終わる

不思議なくらい能力が無いのだがやはりどこか歪んでいるのであろうか

 

勉強も運動もできず、特技も無い、パーフェクト粗大ゴミなのだが、俺は運動の練習もしたし、塾にも行き、自主勉強もした

だが、人並みすらできなかった

 

当たり前のように運動ができる連中が不思議で使用が無かった

 

俺の容量でいくと数年練習してやっとクロール15m泳げるレベル、しかもスイミングスクールに通ってだ。信じられるか?

 

決して、練習しなかったわけではないし、泣きながら親に頼んで付き合ってもらったりもした、しかし、いまだに逆上がりもできないし、球技はすべて駄目、何をやらせても運動音痴の烙印を押される人間になんてしまった。

 

なぜとしか言いようがないのだが、運動ができない=学生間での地位が決まるわけだ。

案の定俺は舐められ、馬鹿にされ、見下され、女には相手にされないヒエラルキーの最下層に幽閉された

 

運動さえできれば感が常にぬぐえなかったが、前述したとおり練習をした。しかし、俺の問題はできるまでやらなかったことだ

 

友だちがいれば遊びの中に運動が組み込まれたり、スポーツクラブに入っていたら自然と上手くなっていたかもしれない、そういった環境的な要因もあるだろうが、そんなことよりもその都度できるまで苦しみから逃げずにやらなかった、これが負けだと気付けなかったのだ

 

他人より無駄な努力と苦しみをしなければいけないことに耐えられなかったのだ。俺はみんなと同じであると思いたかった。実態は欠陥だらけのアスペ障碍者だったわけだ

 

どうして親は無理やりにでもサッカー野球のクラブにぶちこまなかったのであろうか。自由意思が尊重される昨今で、子供のやりたいようにやらせる教育が“子供のため”だという勘違いを促しているが、子供の事を本当に思うならスポーツだけは無理やりにでも人並みクラスまで持って行けと親のガイドラインにでも書いておいてもらいたい

 

今だからこそ、スポーツ経験者、当事者の寒いマイルドヤンキー的な仲間ノリが反吐が出るほど嫌いだが、そこには“そちら側”に立てば人生が安定しているというやっかみもあるのであろう

 

俺が唯一話ができた優しい野球少年は野球部内で嫌がらせに会いやめてしまったし、サッカー部内のイジメのうわさも聞いたことがある

 

入れば安泰というわけでは決してない。戦わずして楽しくスポーツをしている連中がいるのとは裏腹に、人一倍優しかったり、弱そうに見られてしまったりする人間が蹴られていく

しかし蹴られた彼らもまた最底辺ではなく、俺よりも上に位置していること。このことからも、やらんよりはやれっちゅうーことや

 

運動部に所属していなかった代償は大きすぎると実感している

 

運動できそうなやつを見るたびに嫌な気分になるし、甘い蜜を吸って格好つけていると思うと死ねばいいとすら思う

 

だが俺は連中になれないしなりたくもない。痛みを知りすぎてしまったようだ。サラバ青春