読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

中卒童貞孤独ニートのブログ

中卒童貞のニートの生き恥じである。嫌われ続けて頭おかしくなってしまった。

お前の席ねーから

最近、声優が気になっている。

 

キモータと嘲笑されて以降アニメは観なくなってしまったが、野中藍とか好きだったのを思い出した。

 

最近の声優は全く知らないが、適当に画像検索しても顔が良くて華やかな女が多く、キャラクターと声優が分離し、声そのものよりも、可愛い声をした可愛い女事態が持ち上げられている。

 

言ってしまえばアイドルの様なもので、それはそれで別に良いのだろうが、アニメオタク、二次元オタクとしてのアイデンティティの保持はかなり難しくなってきているように感じる。

 

キモータなんて過去のものと言わんばかりに、美少女キャラに対する敷居が下がり、スマフォの普及によりソシャゲでのアニメ風キャラの乱立、気持ち悪いものであったはずの“オタクが好みそうなもの”から一般層への浸透はめまぐるしく進み、気持ち悪いと見下していたはずの層があちらこちらで画面を必死にタップしている始末。

 

しようがないというか、俺にはどうしようもできないので逃げるしかない。

 

逆に言ってしまえば、共通の話題で盛り上がる~なんてことも容易になっているわけだが、俺のブログを覗く読者にはそんな体験などない!と信じたい。

 

自己防衛、逃げとしてのユートピアに見えた平面世界は、植民地化され、原住民の追い出し、あるいは戦争の終結のように今まで振るわれていた暴力が突然止み外交的になるような違和感に変わってしまった。

 

結局、俺はアニメはおろか二次元キャラを意図的に避けるようにすらなってしまった。

 

イケメンだってアニメを見るし、ヤンキーだってアニメを見るのだ、俺は何を観て、何で自分を保てばいいのだろう。そんなプラプラした気持ちで何も摂取しないまま10年くらい経ってしまった。

 

いまだにかわいい声の女は良いとか思ってしまうあたり、俺もかわいそうな人間だということであろう。

 

女に対する執着を完全に捨てたい。何度も言っていることだが、手に入らないものなら初めから世界に必要ないのだ。

 

男女にとらわれず人格だけで判断できるようになりたい。

 

 


ニート釣り PV