中卒童貞孤独ニートのブログ

中卒童貞のニートの生き恥じである。嫌われ続けて頭おかしくなってしまった。

ダサイ工

週に1度、居場所が無い人間が集うサポートセンターの様な所に足を運んでいる。

 

無職、ニート、学生など職業年齢もまちまちで、言っちゃ悪いが貧乏臭そうな人が多い。

 

スタッフの支持の元グループ分けをされ、自己紹介やら会話やらをし、会話が詰まるとスタッフのサポートが入るという対コミュ障使用。

 

なんと申すか、イケメンとオラオラ、どう見ても人生悩んで無さそうなビジュアルの人間が多くて驚いた。

 

もっとぐっとくる奈々ちゃんみたいな派生俺みたいな、他称キモオタの巣窟かと思っていたらとんでもなく場違いなところに来てしまった感が否めく、数少ないオタク風の人は意思の疎通ができなかったので困り果てた。

 

案の定「俺働いてるんですけど、中卒で将来が見えなくて~」など社会には適応できているニーさんたちだが、特に気になったのが、彼女がいない人間を蔑視するような発言がチラホラ出たところだ。

 

このニーさんら悪気はないのであろうが、自分たちの基準が高いせいで、俺の様な塵カス人生が都市伝説のように感じてしまうようだ。

f:id:yuzurihasi:20170521191847j:plain

※ニーサンズは下段の右二人と上段の真ん中が似てる

 

対男のグループは案外スムーズに進み、あからさまな敵意を向けられることもなく、似た者同士がワイワイ会話し、俺は一人でポツネンと席に座る、学生時代のリバイバルだ。平常運転で何の問題もない。

 

問題は女が混じった時のグループトーク、これが辛かった。

 

先ほどと構図は変わらないのだが、キモイ俺が引き立て役になり他の男が映えてしまい、彼らと楽しそうに話す女を見てただ辛かった。

 

不細工=モテないとよく言うが、猿みたいな面でもオラ付いたり、馬みたいな顔でもオシャレで巻き返したりと工夫次第では彼女ができる性質をもったブサイクたちもいるのだ。

 

問題はオタクっぽい不細工の類、眼鏡を外してもどうにもならないダサい顔。そうダサイ工の人たちである。

f:id:yuzurihasi:20170521192122j:plain

 

俺の場合、猫背でガリガリ、足は無駄に浮腫んでいるという奇形なのでさらに分が悪いが、老けた子供とでもいうような何とも中途半端な面構え。

 

鏡を見るたびこんなので彼女できるわけねーだろと嘆きたくなるほど、見た目の不格好さ、中途半端さを理解しているので、女交えたトークを辛さは中々に耐え難かった。

 

気の利く女は俺にも振ってくれたりはしたが、俺が応えるとシーンとなる、要するに男衆のフォローが入らないというウンコ仕様。初めは男の話にも相槌を打っていたが、次第に反応するのをやめた。

 

彼女彼女と簡単に言うが無理ゲーすぎるだろう。相席になったとたん笑い出す女もいたし、悔しいはずなのだが、不思議と心は穏やかだった。

 

今日はなぜかメンタルの調子が良く、気分も良いが、彼女が一生できないという無様で醜い雑念だけが消えそうにもない。

 

とりあえずバイトは受け続けているが一向に受かる気配なし、やはりナヨナヨしたおっさんは気持ち悪いものなのであろうか。

 

大学行って彼女を作るという人生再生計画の牙城がガラガラと崩れている感が否めないがどんな学部があるのかネットで調べたりはしている。

ダサイ工による彼女の作り方が本気で分からない。説明書も講座も教科書もない。

 

俺が彼女を欲しいと思うことは罪なのか。おかしな話だ。